読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活と採活と生活

採用広報・広告を創る立場から就活のあれこれを書いてます。

椅子のない会社

少し古いネタだが前から気になっていた記事を紹介します。ご存知の方も多いと思いますが、キヤノン電子の酒巻社長という方は、もともとキヤノンの取締役だった人なのでキヤノンという企業全体にも通じることだと考えてもいいだろう。この企業グループを志望する人には無視できないと思うのであえて本ブログでも取り上げた。
この記事はもう引用はしないが、要約すれば以下のようなことである。

キヤノン電子秩父工場内では、応接室など一部を除き会議室、開発部門や管理部門のオフィスにも椅子を撤去。もちろん社長室にもない。会議室から椅子を撤去したことで会議への集中力が高まり、年間の会議時間が半減。またオフィスでも立つことで社員同士のコミュニケーションが密になり、問題解決の精度やスピードが劇的に改善したという。また、工場内の廊下に青く塗られたゾーンがある。そこには「5m 3.6秒」と書いてあり、この速度で通過しないと警報が鳴る。この「改革」によって、経常利益率が9.7ポイント改善。売上高が前年同期比で39.1%減少したにもかかわらず黒字を確保した。
記事(IT pro:2009/05/19)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20090518/330168/


これをどう思うか、ぜひ上記のリンク先の写真も見ていただき学生の皆さんの意見をお聞きしたい。「椅子がないことで志望企業リストから外すことはない」のだろうか。正直、私なら椅子がないということよりも、業務効率を最優先することに反対意見を発言できない風土を心配する。実際の経緯は知らないが、たとえトップの判断に真っ向から異論を唱える風土があってもそれを実際に発言できる人は限られている。
しかし、これだけ結果を出せた「改革」がなぜ、東京などのほかの事業所にも広げないのか、理由がわからない。いっそ全事業所でも実行してキヤノン電子の名物風土として定着させてはどうかと思うのは私だけだろうか。
社員を犠牲にした外部不経済という見方もあるようだが、これはマスコミにも取り上げられたことで、たまたま表面化したもので、これまでは大なり小なり日本企業に勤めるサラリーマンには献身的に会社に奉仕することが自分の評価を上げるものだという伝説があった(私の経験でもちゃんと見る人は見ているのだからといわれていた)。しかし、不況で真っ先にカットされるのは人件費である。「彼はいつもサービス残業などで会社を支えてきてくれたので今回のリストラの対象からは外そう」というようなケースは聞いたことがない。
これから社会人としてスタートしようとしている人にこんな話は聞かせたくないが事実だからどうしようもない。そういうものだということです。このキヤノン電子の椅子取りや最低歩行速度違反ルールが社員のモチベーションにどんな影響を与えたのかは知らない。


「日本でいちばん大切にしたい会社」という本に掲載されていた企業はすべて「社員」を第一に考える企業だった。日本では障がい者雇用率というのが決められているが、その問題を報じる大手マスコミをはじめ多くの企業が守っていないなか、この本に登場する企業は積極的に取り組むことで社会貢献している。そういう特徴もあるが、まず社員が幸福でなければがモチベーションも生まれない、モチベーションが低いといい製品やサービスが生まれるわけがないというのが社長の共通した考え方だったと思う。この考え方に私は大賛成である。人は機械ではないのでONスイッチを押しても動き方をいつも一定にすることはできない。この「改革」はそういう人間を相手にしているということを忘れているようだ。この企業に限らず今の日本企業は効率優先主義が蔓延っている。人間には無駄も必要だとはよくいわれますが、実際のビジネスの現場ではとことん追求される。「もうすぐ返事のメールが届くはずなのでそれまでは少しインターネットでも見よう」なんてことは絶対に許されず、彼は本日無駄な時間を○分過ごしたとカウントされる。「Time is money」である。会社での時間は自分の時間ではなくて雇用契約をしている以上、「会社のためにしか使いません」と宣言しているのですから仕方ないですよね。私も弱小ながら経営をしている立場から考えると今回の話は全面的に否定するものではありません。でもそこには社員満足度やモチベーションを犠牲にしてまで実行する価値が本当にあるのかを考えるでしょう。
この「椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!」という本も出版されているので、同社を志望する学生は一読をお薦めする。
本質には触れていないがリクナビ2010にも掲載されている。
http://rikunabi2010.yahoo.co.jp/bin/KDBG08400.cgi?KOKYAKU_ID=0051272001&MESSAGE_ID=4&MAGIC=